FAQ / 健常者の方にもSEIQoL-DWは使えますか?

SEIQoLは健常者でも患者でも大変意味があるQOL評価です。
 介護者などに対しては特におこなう意味があります。SEIQoLを行える回答者の条件は「言葉で概念を組み立てる能力があり、作業記憶(ワーキングメモリ)が保たれている」方です。ほとんどの方は問題がありません。しかし、不安で混乱している場合、幻覚がある場合、失語症などでは言語による概念化は十分にできませんし、作業記憶のキャパシティが低下するアルツハイマー病の場合は、キューを保持することができなくなります。これらの場合は、科学的な妥当性が低下しますし結果も不正確になります。
 しかし、たとえ、結果は不十分であっても、SEIQoLの面接によって、多くの患者さんは、満足感やケアの質の向上をえられるので一概に禁止されているわけではありません。対象の状況を慎重に判断しながら、SEIQoLを使ってみていただければと思います。

Posted in: 5.SEI-QoL全般についての疑問

後援:H24年度~厚生労働省難治性疾患等克服研究事業「希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器、
生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する 医師主導治験の実施研究」(研究代表者 中島孝)
H24年度~厚生労働科学研究 難治性疾患等克服研究事業「患者および患者支援団体等による研究支援体制の構築に関わる研究班」(研究代表者 橋本操)

Copyright(c) 2013 SEIQoL-DW日本語版事務局およびSEIQoL-DW日本語版ユーザー会 All Rights Reserved.